チョウキジェ(曺貴裁)湘南ベルマーレ監督がパワハラで疑惑で退任?浦和時代や家族/娘は?本についても

こんにちは!Buzz Liaの松崎です。

京都出身の元サッカー選手、今は湘南ベルマーレの監督である曺貴裁(チョウキジェ)のパワハラ疑惑が報道されています。

今回の報道はあくまでも疑惑ですから、今後のJリーグのヒアリング調査の動向を注目したいところです。

チョウキジェ監督の国籍は韓国の在日韓国人ですので、このタイミングでの報道に問題の声もあがっています。

湘南ベルマーレ会長の信頼も高く、選手育成についての本を出版していることからも人格者だと思われるのですが…

今回はそんな曺貴裁(チョウキジェ)について取り上げます。

曺貴裁(チョウキジェ)湘南ベルマーレ監督がパワハラで疑惑で退任?

曺貴裁(チョウキジェ)監督のパワハラ疑惑について、日刊スポーツなどが以下のように報じています。

湘南ベルマーレの曹貴裁監督(50)が電撃退任することが11日、濃厚になった。コーチングスタッフや選手へのコンプライアンス(社会的規範やモラルの遵守)の問題が浮上。今後、Jリーグの調査も入るという。

12年から当時J2の湘南を指揮し、走る「湘南スタイル」を確立。降格、昇格を繰り返しながらも昨季はルヴァン杯のタイトルを手にしたクラブの象徴がピッチを去ることになる。チームはこの日、アウェーでジュビロ磐田に3-2で逆転勝ちし11位へ浮上した。

    ◇    ◇    ◇

湘南を指揮して8年目、曹監督が退任することになりそうだ。複数の関係者によると、昨季から曹監督の指導を受けたコーチングスタッフや選手がメンタル面の支障をきたす事案が続いていた。情報はJリーグにも入っており、調査が入る予定になっている。

出典:日刊スポーツ

チョウキジェ監督は独自の育成方針で、当時無名だった選手を日本代表に送るほどの高い指導力をもった監督です。

新人を積極的に起用し、有望な若手を次々と育て上げた力量は高く評価されています。

昨季はルヴァン杯のタイトルを獲得したのは、チョウキジェ監督の功労によるところが大きいでしょう。

ですが、今回のパワハラ疑惑では、選手やチームスタッフに高圧的な態度や暴言を繰り返した疑いがもたれています。

精神的に追い込まれ、過度のプレッシャーからうつ病を発症した関係者もいたんだとか。

公平な調査の進展が望まれます。

浦和時代や家族/娘は?本についても

チョウキジェ監督は、大学卒業後に日立でサッカープレイヤーとしてデビューしていますが、浦和レッズに移籍しています。

日立はJリーグ入りを果たせなかったんですよね…

開幕戦からスタメン出場を果たしますが、浦和レッズは2年連続で最下位だった時代も。

その後、チョウキジェ監督はJFLのヴィッセル神戸へ移籍し、1997年に選手として引退しています。

チョウキジェ監督は指導者としての著書を発表しています。

著書は育成主義、指導官の流儀など。

サッカーだけでなく仕事でも「自分も本気でやってみよう!」と思わせてくれる、優れた著書と評判です。

家族については調べてみましたが一般人のため、情報が公開されていません。

分かり次第こちらに載せさせていただきます。

ネットの世論や反応

今回のニュースをうけて、世間はどんな反応を寄せているのでしょうか?

話題性が大きいだけに、他の人がどのように感じているのか気になるところです。

ネットの掲示板やSNSに寄せられた声の一部を紹介します。

プロスポーツ界では難しい問題だと思う。
ハラスメント全盛の昨今、捉え方は人それぞれ。
令和元年、昔の中日ドラゴンズ星野監督なんて1発アウトだよね。

調査班は監督、選手、スタッフみんなの話を良く聞いてあげて下さいね。

匿名の情報だと、関係者に聞き取りしないと本当かどうかはわからないね。どこまでがパワハラでとかの線引きの問題もあるし。プロのサッカーは戦場みたいなものだからな。得点が決まった時の心の底から喜んでいるような喜び方がJリーグでは一番好きなのでなんだか残念な報道だ。

勝った時は、いつも選手と一緒に喜んでいて、そんなイメージは有りませんでしたが、真相はいかに?

何でもかんでもパワハラにしてる。
匿名の通報?
信じる方がアホらしい。