気になる芸能ネタや季節のトレンド、生活のマメ知識などをご紹介!

Connecting the Dots

速報ニュース

滋賀彦根のホテルで集団食中毒!下痢や嘔吐の原因は?感染経路は?

投稿日:


食中毒といえば食品が傷みやすい夏に多いイメージがあるのですが、5~10月の間でも全体の約60%を占めているそうです。

最近では、群馬のお惣菜店「でりしゃす」でポテトサラダを食べた方がO157に感染するという事件がありました。

抵抗力が低い子供と高齢者が感染されていましたね。

保健所の発表によると工場では汚染源が特定されず、お店で使用していたトングが原因かと疑われています。

 

9/27には滋賀県の彦根市のホテル「彦根キャッスルリゾート&スパ」で集団食中毒が発生しました。

 

今回も感染ルートや原因が特定できないのでしょうか?
気になる今回の食中毒の被害や原因について調べてみました。




彦根キャッスルリゾート&スパで集団食中毒

群馬県で起きたショッキングなポテトサラダのO157食中毒事件が冷めやらないまま、また新たな食中毒事件が発生してしまいました。

 

今回は滋賀県の彦根県のホテル「彦根キャッスルリゾート&スパ」で起きた集団食中毒事件です。
被害にあったのは31~83歳の男女29人で、下痢や嘔吐などの食中毒症状が出ているそうです。

 

問題の食事が提供されたのは23日の夜で、ニュースでの発表があったのが27日の夜。
食中毒が発生してから報道されるまで4日も経っています…

もう少し早く報道できたと思うのですが潜伏期間もありますし、これでも最短なのでしょうか?!

 

24日~27日のレストランは普通に営業してたってことになりますよね。
原因も分からないまま通常営業していたなんて、ちょっと怖くなってしまいます。

 

彦根キャッスルリゾート&スパは信頼できるホテル?

集団食中毒事件を起こした彦根キャッスルリゾート&スパのHPをチェックしてみました。

彦根城が目の前に見えるいいロケーションのホテルですね。

 出典:www.hch.jp

なかなか高級な感じのレストランが営業しているようです。

集団食中毒を起こしたのは「近江牛鉄板焼き 鳳凰」か「近江ダイニング 橘菖」と疑われているようです。

さすがにレストランは休業しているようですね。
クリックしてみたら、こんな案内が出てきました。

レストラン休業のお知らせ
総支配人
彦根キャッスル リゾート & スパ
平素より彦根キャッスル リゾート & スパを
ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
誠に勝手ではございますが、 都合により
9月28日(木)・29日( 金 )の2日間
近江ダイニング橘菖 ・ 近江牛鉄板焼鳳凰を休業致します。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが
ご了承賜りますようお願い申し上げます。

集団食中毒が原因で休業とは書かれていないですね。
これはまだ原因が特定できていないからなのでしょうか?

 

レストランが突然休業になると、なんとなく想像がつきますが…
「食中毒が疑われますので休業いたします。」と書かれている方が、お客様への説明責任を果たしてくれる、信頼できるホテルのような印象があります。

 

スポンサーリンク

集団食中毒の原因や感染ルートは?

滋賀県の発表によると、ホテルで刺し身や卵豆腐などを食べた59人のグループのうち、29人が発症しているそうです。
約半分の方が発症してますね。

 

群馬のポテサラ集団食中毒事件は抵抗力が低いお子さんや高齢者の方でしたが、今回の彦根の食中毒は31歳~83歳の方が被害にあっています。

この年代ですと、十分に抵抗力や体力がありますよね。
にも関わらず感染されています…
幸いにも全員が軽症で、回復に向かっているそうです。

 

「症状や潜伏期間から、腸管出血性大腸菌O157の可能性は低い」と発表されています。
感染ルートや原因については、営業停止処分中に明らかになると思われます。

 

O157じゃない場合、他に考えられるのは?

O157の可能性が低いとなると、次に疑われるのはカンピロバクターでしょうか?

カンピロバクターは日本で発生している食中毒の中で、最も発生件数が多いそうです。
厚生労働省によると、平成27年での発生件数は318件、2,089人の方が感染しています。

 

カンピロバクターの潜伏期間は1~7日で、症状は下痢や腹痛、発熱や嘔吐などがあります。

 

サルモネラ属菌の潜伏期間は6~72時間、黄色ブドウ球菌の潜伏期間は1~5時間(平均3時間)と言われています。
潜伏期間から逆算すると、サルモネラ菌が原因かもしれないですね…

何が原因で感染したのか、保健所の検査結果が分かり次第また報告いたします。

 

彦根キャッスルリゾート&スパはどんなホテル?

ホテルの目の前には彦根城が広がり、お城好きにはたまらない抜群のロケーションのホテルです。
ワイドキャッスルビューのお部屋からは彦根城が一望でき、大浴場には彦根城の天守閣が映り込むそうです。

彦根城は桜の名所なので、桜の時期には特に良さそうですね。

ホテル名のように、ゆったりとしたリゾートとスパが楽しめるホテルと評判です。

 

お料理にも定評があるらしく、近江牛などのおいしい滋賀の食材を楽しむことができます。
1泊2日の「和会席 近江牛水晶プレートと帆立貝柱炭火焼」がツインで24,300円~33,480円。

露天風呂がついているお部屋は5万円近くする価格帯です。

 

高級ホテルにも関わらず、食中毒が起きることがあるんですね。

 

彦根キャッスルリゾート&スパで集団食中毒まとめ

今回の集団食中毒事件で被害にあわれた方は、みなさん全員快方に向かっているとのことでホッとしました。

 

最近の食中毒の事件では、群馬・埼玉のポテトサラダや、横浜の焼き肉店「安楽亭の」のO157食中毒の感染経路は不明なままですよね…

生産者からホテルに食材が届き、お客さんが食事をするまで実にたくさんの人が関わっているので、食中毒の感染源の特定は非常に難しいと言われてますよね。

 

解決に向けて、次の被害を出さないためにも感染源がどこで、どんな経緯で混入したのか徹底的に調査してほしいです。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-速報ニュース

Copyright© Connecting the Dots , 2018 All Rights Reserved.