気になる芸能ネタや季節のトレンド、生活のマメ知識などをご紹介!

Connecting the Dots

速報ニュース

ノーベル文学賞!カズオイシグロの印税はいくら?早川書房バカ売れ

投稿日:

2016年にボブ・ディランが受賞してからもう1年なんですね…
今年もノーベル賞のシーズンがやってきました。

 

村上春樹さんといえば、日本人で1番ノーベル文学賞に近い人。
毎年のようにノミネートされ、英国のブックメーカーの予想でも2位の人気ぶりですが、今年もまた受賞ならずでした…

 

今年のノーベル文学賞受賞はカズオ・イシグロ氏

日本では村上春樹さんほど知名度はないかもしれないですが、綾瀬はるかさんが主演のTBSのドラマ「わたしを離さないで」の原作者として知られている作家さんです。

 

出版元の早川書房はお祭り騒ぎなんでしょうね。

ここでは、ノーベル文学賞が生む経済効果やカズオイシグロの印税について調べてみました。




カズオ・イシグロってどんな人?

村上春樹さんじゃないけど、日本人がノーベル文学賞を受賞したの?と思ってしまいますが、カズオ・イシグロ氏(62歳)の国籍は日本ではありません

 

長崎市生まれでご両親は日本人ですが、5歳で英国に移住。
今では英国籍を取得しており、日系の英国人です。

 

村上春樹さんがノーベル文学賞を受賞できない理由として「娯楽性が強すぎる」と言われていますが、カズオ・イシグロ氏の作品は娯楽性というよりは、社会問題をえぐり取るような重いテーマの作品が多いですよね…

 

わたしを離さないでの映画を観たことがありますが、あそこまで後味の悪い、お腹の底から重たくなるテーマの作品は滅多にありません…

 

イシグロカズオ氏の本を買う人が急増中?

村上春樹さんはハルキストという言葉があるぐらいですから、既に圧倒的なファンの方がいます。

 

発売前から注文が殺到して、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は発売7日目で発行部数100万部を突破しています。文芸春秋は嬉しい悲鳴が止まらないですよね。

 

もう本がバカ売れしているので、村上春樹さんがノーベル文学賞を受賞しても、意外と出版業界には影響が少ないかもしれませんね。

 

その点、イシグロカズオ氏は日本でまだあまり知名度がないので、これから彼の本を買う人が急増しそうです。
お祭り騒ぎになるのでしょうか?

 

山中教授がiPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞したときには、iPS細胞の関連本が売切れ続出したそうです。

そんな難しそうな本が売切れてしまうなんて、ノーベル賞の受賞前には考えられないことですよね。
日本人には知的好奇心が旺盛な人が多いようです。

 

スポンサーリンク

早川書房の本ばバカ売れ?経済効果はどれぐらい?

アマゾンを除いてみましたが、ベストセラーのランキングが変動してますね!
カズオ・イシグロ氏の代表作「わたしを離さないで」と「日の名残り」がベストセラー入りしてます。

 

早川書房の中でもマイナーなハヤカワepi文庫で出版されています。

 

わたしを離さないでの文庫が864円、日の名残の文庫が821円です。

 

単純な比較はできないですが、日本での文学賞といえば直木賞ですよね。
受賞が発表されると、発行部数が大幅に伸びています。

最近では恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が27万部を突破してます。

 

カズオ・イシグロ氏の作品は娯楽性が少ないので、そこまで爆発的なヒットにはならなさそうですが、少なく見積もっても10万部は突破すると思われます。

ということは…

わたしを離さないで 864円x10万部 86,400,000
日の名残 821円x10万部 82,100,000
合計で、1億7,000万円相当になります!!

 

印税には契約や出版社によって異なるそうですが、大物作家の場合は10%(もしくはそれ以上)と言われています。
10%と仮定すると、20万部売れた場合のカズオ・イシグロ氏の印税収入は1,700万円ですね♪

 

ノーベル文学賞の賞金は900万クローナで、1億2,500万円です!!
名誉とお金の両方を手にされるんですね。

さらに注目が集まって、また映画化の話も出そうです。

 

ノーベル文学賞!カズオイシグロの印税はいくら?まとめ

ブックメーカーの予想が外れ、今年のノーベル文学賞は日系の英国人でしたね。
アジア圏での受賞は、2014年に中国の莫言氏を最後に出ていません。

 

今年こそは村上春樹さんが受賞して、アジア圏の巻き返しを期待していたのですが叶わず残念でした。

 

国籍は英国ですがご両親が日本人ですし、お祭り騒ぎしてもいいですよね♪

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-速報ニュース

Copyright© Connecting the Dots , 2018 All Rights Reserved.